今まで多くの風俗店を利用してきましたが、まだまだ行った事のない風俗店があります。体験談を読んで、新たな風俗を勉強しようと思います。

パンツもらって満足した風俗体験。

風俗嬢が一度穿いたパンツが欲しいと思ったことがある男性って、きっとかなりの数がいると思います。いや、僕はそんなに変態じゃないですが、たしかに女の子が一度穿いたパンツって、ちょっと興味があるかもしれません。そんな僕が使った風俗では、パンツを持ち帰ることができるプレイがありました。早速使わせてもらったのですが、かなり良いプレイだと思いましたよ。なぜなら、パンツに愛液がべっとりだし、プレイ中は履いててくれるから、それを貰えるドキドキ感がありますからね。プレイも良かったのはもちろんですが、何より最高の時間を過ごせてよかったです。まぁプレイ中は盛り上がって、パンツも神々しく見えたのですが、持ち帰ってきたらどうってことなかったんですけどね。ただ良い思い出作りには良いかもしれませんよ。とにかくすごく楽しかったし、パンツをもらうことで、なんとなくお得感もありますからね。風俗嬢のお土産とかが欲しいという方には良いかも知れません。

風俗嬢とは会話しないって決めている。

僕は一番最初に風俗を使った時から、風俗嬢と一言も話したことがありません。全て彼女たちが支持するままに動いて、抜いてもらうだけです。質問された時は、首を縦や横に振って回答し、それ以外の会話はしません。なぜ、そこまでかたくなに会話しないのかというと、プレイの時間がもったいないからです。中にはトークメインの子とかもいますが、僕にとってはそれは無意味なんです。会話なんてするだけ無駄だと思いますし、どんどんプレイの時間が削られて行くから、本当に無駄だと思います。先日使った時も、まったく口を開くことなく、風俗嬢の口の中に発射しましたからね。こちらは無言、風俗嬢は「にがぁ」と感想を言ってましたよ。それでも僕は絶対に反応しません。ここまできたら、もう半ば意地みたいなもんでしょうね。答えてしまったら、今まで僕が積み上げてきたものが壊れてしまう。だからこそ、僕はもっともっと無言のまま使って行こうと思うのです。

コミュ障が風俗使ったらタジタジすぎる。

僕は人と会話するのが苦手です。もっと会話したいと思っているのですが、どうしても緊張してうまく話せないんですよね。何度か会った人なら、ある程度は話せるのですが、初対面の人は全然無理です。先日は、そんなコミュ障の僕が風俗を使ってきました。半ばコミュニケーション能力を強引に治そうって思ったからなんですよね。実際に使った感想としては、すごく良かったです。ただ、全然話はできません。何を話したのかも覚えていないし、緊張してそれどころではありませんでした。プレイも良かったし、性格も良かったから、まだまだ使ってみたいと思います。しかし、どうしても会話が続かないんですよね。でも、風俗嬢はそういった人に慣れているのか、普通に笑顔で接客してくれました。あの天使の様な子と、また遊んでみたいです。それくらいに、僕は本当に満足しています。まだまだ使わせてもらいたいと思ったから、これからは風俗嬢との会話を練習したいと思っています。